自然葬を行うことのデメリットとは

自然葬を行う、もしくは希望しているという人は案外多く、樹木葬や散骨といったような方法で弔わることに一つの憧れを持っているという人は少なくありません。

確かに広大な自然の中に遺灰を撒いてもらって自然に還ることというのは、ある種魅力的なことであると言って良いでしょう。
ですがしかし、現実的に考えると自然葬にはデメリットもいくつかあります。
まず一つ目として自然葬は比較的新しい概念であるということです。


より正確に言えばほぼ失われていた概念が復権したというように言うべきなのですが、少なくとも近代以降の日本においては火葬からの納骨が一般的なものでした。



そうした弔い方を当然のものとして見ていた人にとってみれば、故人の遺灰を一部でも墓の外に出すことは罰当たりなことだと思われるケースもかなりあります。



こうした事情があることから遺族だけで物事を決めてしまうと、親戚やお世話になっていた人の反感を買うケースがあるのです。

All Aboutの情報収集がもっと楽になります。

そのため弔い方として適当かどうかは、憧れなどの観点を除いて一度考えてみる必要があります。
また樹木葬などの場合、遺骨を動かすことが非常に困難ということも挙げられます。

この遺骨の移動は「改葬」と呼ばれるのですが、樹木葬などの方法を選択した後だと、その樹木を切り倒して根を全て除去しても遺骨が回収できないというケースがあります。
そのため「一度弔った後には二度と遺骨を動かさない」というようになってしまうのです。
こうしたことは自然葬において見落とされがちなデメリットですから、方法として選択する際には慎重に考えるようにしましょう。