話題の樹木葬のメリットは

最近よく耳にする樹木葬は、従来の埋葬方法にはないメリットがあるとして、日本各地で徐々に人気が広がっています。樹木葬を取り扱う業者や霊園の数も増えており、新しい埋葬のスタイルとしてこれから定着する可能性も十分にあります。樹木葬のメリットは、埋葬後の維持管理に手間がかからないことです。

従来の墓石を用いた埋葬方法は、少子化や若者の地方離れなどにより、その維持管理が難しくなっているのが現状です。

樹木葬は基本的に個人墓ですので、墓地を継承させるといった心配もありません。

コトバンクに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また費用面がかなり抑えられるのもメリットの一つです。



墓石を建立する必要がないのでコストがかなり安くなるうえ、一つの樹木を複数の人が共同で使用する場合は、さらに費用を抑えることができます。

埋葬に無駄な経費をかけたくない人には、非常に適しているといえるでしょう。さらに散骨などと違い、この埋葬方法の場合は遺族が故人をしのぶ場所を確保することができるので、お墓参りなど従来の価値観は大事にしておきたいという人にも適しています。



古い価値観を大切にしつつ、現代の生活にマッチさせる、そんなハイブリッドな感覚を持つのが樹木葬なのです。

ただ埋葬方法などは、一人の遺族だけが決定できるものではありません。

親族の中には保守的な考えを持つ人もいますので、従来の埋葬形式以外を選択したい場合には、生前からしっかりと準備をしておくことがなによりも大切になります。