海洋葬のメリットとは

時代の流れとともに、結婚式やお葬式が簡略化・低予算化しているように、お墓の在り方や遺骨の保管の仕方も新しいものへと移り変わっています。

遺骨はお墓の中に保管しておくと言ったものに加えて、散骨というスタイルも広まっています。散骨は遺骨を自然の中に散布することで故人の冥福を祈るものです。

コトバンクに関する特集が満載です。

故人の生前愛した場所に散骨することで、個人の遺骨がその地と一体となるので、お墓の中にずっと安置されるよりはその方が幸せなのではないかと考える遺族も多く、また本人が遺言で散骨を希望する場合もあります。



散骨の中でも特に海に散布することを海洋葬と言います。海洋葬には故人の好きな場所に葬ることが出来るというメリット以外にも、墓石の管理や購入などにかかるお金や手間が一切かからないので費用の節約になるというメリットがあります。


墓石などにかかるお金が浮けば、老後の生活費や病気の治療代などに限りのあるお金を回せます。



次のメリットは、墓石に縛られなくて済むので、遺族の負担が軽くなるという点です。

海洋葬なら、お墓は見渡す限り広がっている広大な海です。

昨今では、実家から遠くに離れたところに子供世代が家庭を持っていることも多く、その場合は遠方から墓参りや管理の為に頻繁に墓地まで行くのは大きな負担になります。


しかし、海洋葬ならそのような手間から解放されますから、遺された側に問題を残さないで済むのです。

これらの点から散骨を希望する人も多くいます。